元気な子ども達にケガをさせない

学校・体育館のフロアコーティング

建物部分の劣化No1! 学校・体育館の床のメンテナンス対策とは

学校・体育館の床のメンテナンスは重要

毎日元気な子どもが駆け回る学校。
激しい運動、机や機材の移動などで、学校・体育館の床は日々消耗しています。

毎日大人や生徒たちが床を清掃していても、ホコリや汗、食べこぼしや油脂分などの汚れはどんどん堆積していきます。

床の性能は毎日確実に低下し、滑りやすい床になっていきます。
これはある日突然起こることではありません。
日々の学校生活の中で、毎日少しずつ起こることなので、気づいた時にはかなり劣化が進行しているでしょう。

体育館では授業やクラブ活動で生徒が活発に走り回ります。
滑りやすく、劣化の進んだ床の上での運動は、転倒事故を容易に起こしかねません。

学校・体育館の床のメンテナンスはとても重要なことなのです。

学校・体育館の床にUVコーティングがオススメの理由

UVコーティングだけはリコートが可能

公共の学校の場合、メンテナンス費用は予算が決まっています。
傷が付いたから、劣化したからといって、学校・体育館の床を全面的に張り替えるとなると、大変な金額がかかります。

UVフロアコーティングはフロアコーティングの中で唯一、部分的にコーティングを剥離して補修できるコーティング方法です。
その上、UV塗料は紫外線照射により数秒で塗膜が硬化するので、スピーディな仕上がりが可能なのです。

従来の塗装のような乾燥時間が必要ないので、土日しか休みがない学校・体育館の床には最適です。

部分的に補修できるので、気になる箇所だけリコートすれば補修費用も抑えられます
結果的に、その他のフロアコーティングに比べて、コストパフォーマンスは抜群。時間も費用もかなり割安です。

学校で一番多いのは転倒事故。床のメンテナンスが安全を左右します。

床の防滑性が事故を減らす

学校で起こる、生徒(男女ともに)の怪我や事故で上位を占めているのは、
「挫傷打撲」「骨折」「捻挫」の3項目です。
休憩時間に最も怪我をしていることから、生徒同士でふざけていて転倒したか、廊下を走って転んだことが原因でしょう。

近頃は、少しの擦り傷でも学校側は保護者に対して報告しているそうです。
神経質な親の場合は、転んだのは学校の床が滑りやすいからだ、とクレームをつけるモンスターペアレントが非常に増えているそうです。

生徒の安全、そして保護者のクレーム対策の面から判断しても、床の防滑性は重要です。
UVフロアコーティングなら、硬度、防滑性にも優れているので安心できます。

UVコーティングは耐久性も抜群。一般家庭では30年保証。

学校・体育館の床で重要なのは耐久性

学校や体育館の床は毎日子どもたちが走り回るため、床は傷だらけな上、ホコリや汗でかなり汚れが蓄積しています。

一見ピカピカに見える学校や体育館の床も、良く見ると劣化によるヒビや塗装のハゲが激しく、最も消耗する場所といえます。

そんな学校や体育館の床に必要なのは耐久性でしょう。
簡単に塗装が剥げ見栄えが悪くなったり、ささくれて床が滑りやすくなれば思わぬ事故に繋がる可能性があります。

その点、UVフロアコーティングは耐久性も抜群。
シミや子どもの落書きといった汚れが付着しにくく、汚れても汚れを落としやすい特性もあります。

UVフロアコーティングはワックス不要!コスト削減に繋がる!

UVフロアコーティングはかなりお得

一度施工を行えば、長期間にわたり綺麗な輝きを保ってくれるUVフロアコーティング。
初期費用はかかるかも知れませんが、ワックス掛けが不要になるので定期的に業者へ依頼していた費用が削減できます。

掃除を毎月業者に依頼していると、金額は安くありません。
UVフロアコーティングなら、軽い水拭き程度で掃除が完了。
生徒だけの掃除で充分清潔感が保たれます。

ワックス掛けの作業中、ふざけた生徒児童が誤って転倒する事例はよく聞きます。
ワックス掛けは、子どもが多い学校や体育館の床にはむしろ百害あって一利なしでしょう。

ワックスの塗料が化学物質症候群の原因の1つになっている事は、インターネットなどで広まっているので、保護者の中でも知っている方はいらっしゃると思います。