滑らない床が上達の近道

ダンス教室・バレエ教室のフロアコーティング

ダンス教室・バレエ教室の床の劣化はリスクが大きい

ダンス教室・バレエ教室の床の劣化原因

踊ってジャンプして走り回る♪
ダンス教室・バレエ教室は踊る事の好きな老若男女が活動する場所です。
長時間激しい運動をすれば、人間は汗をかきます。
実は床の汚れの大きな原因は人間の皮脂や汗といった水分です。

特に木材で出来た床は汚れが沁み込みやすく、水分も大敵です。
水分を吸収してしまった床は、徐々に腐食して、やがて変色していき、浮き上がって剥がれてしまいます。

ダンス教室・バレエ教室の床はそれでなくても傷みやすく、定期的なメンテナンスが必要です。
利用者や生徒さんが滑って転倒した場合、教室主催者の過失が問われる場合もあるのです。

ダンス教室・バレエ教室の床こそUVコーティングを!

UVコーティングのメリットとは

ダンス教室・バレエ教室の床にワックス掛けは大変危険です。
しかし水拭きだけでは汚れは充分に拭き取れません…
そこで、ワックスではなくフロアコーティングは不可欠と言えます。

ただ、ダンス教室ではハイヒールや固い靴底によって床に傷やスレが出来やすく、床を傷める原因となります。

一般的なフロアコーティングは床に傷が出来てしまった場合、最悪コーティングを全面的に剥離して一からやり直ししなければなりません。
コーティングを全面的に剥離してやり直す作業は大変な費用がかかります。

対してUVフロアコーティングでは補修する部分だけをリコートして部分的に補修することが可能です。

その上、UVコーティングは紫外線照射であっという間に塗料が硬化しますので、メンテナンス時間はかなり短縮することができます。

ダンス教室・バレエ教室の運営に致命的な問題とは

人の口コミで運営の危機に

「あそこの教室の床は滑りやすい」「Aさんが転倒して骨折したらしい」こんな噂が流れたら、ダンス教室・バレエ教室の運営には致命的です。

ダンス教室・バレエ教室の利用者の事故で最も多いのが、転倒によるねんざ、骨折です。
どんなに事前に掃除していても、人間に汗や皮脂で床はすぐに汚れてしまいます。

最近は高齢者が健康のためにダンス教室・バレエ教室に通う人が増えています。
しかし高齢者が転倒すると骨折や寝たきりの原因に。
過失責任を問われる事例も少なくありません。

激しい運動をするダンス教室・バレエ教室で最も大切なのはフロアコーティングです。
フロアコーティングの中で、防滑性に優れ、安全に考慮したUVフロアコーティングが一番おすすめです。


建物の中で劣化が一番早いのは床なのです

床の劣化は防ぐには耐久性の向上

運動や踊りが目的のダンス教室・バレエ教室の床は、日々傷や汚れが付着して消耗していきます。
目に見えなくても床は建物の中で一番劣化するのが早い部分なのです。

ダンス教室・バレエ教室で一番重要なのは床の耐久性をアップさせることです。
弱った床はいくらメンテナンスしても耐久度はどんどん低くなってしまいます。

床の耐久度が低いと、プロのダンサーならすぐに気が付くはずです。
踊りの上達にも関係するので、滑りやすい、踊りにくいという利用者の意見は見過ごす訳にはいかないでしょう。

UVフロアコーティングの特徴は硬度の高さと耐久性、そしてその防滑性です。
滑りにくい床というのは、即ち体を支えやすい床と言えるでしょう。
体を支えやすい=踊りやすいというのは言うまでもありませんね。

UVコーティングは掃除がラクラク、おまけに傷もつきにくい

コストパフォーマンスの良さが決め手

大きなダンス教室・バレエ教室の場合、専門の業者に定期的に清掃、メンテナンスしてもらっていませんか?
年間かなりの金額を払っているのではないでしょうか。

フロア清掃業者が重視するのはフロアがピカピカに見える光沢感です。
その為、滑りやすい洗剤や有害な化学物質で作られた塗料を使用している場合もあります。

UVフロアコーティングは艶やかな光沢感が長期間にわたって持続します。
その上、ワックス掛けなど必要ありません。
硬度も高いので傷もつきにくく、簡単な水拭きだけでお掃除もラクラクです。

清掃業者に頼まなくてもアルバイトの学生でもお掃除が簡単にできます。
専門業者に委託していた費用を考えれば、かなりコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。