他社コーティングの再補修・部分補修もOK!

UVフロアコーティングのリコート(再補修)&部分補修

UVフロアコーティングの大きな特徴の一つ、リコート性
そのリコート性によって、コーティング後の万が一の場合も安心です。

要補修箇所のチェック

UVフロアコーティングでは、施工中に以下の様なミスがよく起こります。
  • トップコートの乾燥前に触ってしまい指紋がついた。
  • 小さなゴミや髪の毛を残したままコーティングしてしまった。etc
施工後も、お客様が日常生活をされているうちに、鋭利なもので傷つけてしまったり、硬くて重い物を落としてしまう等で傷がついてしまうこともよくあります。 そういう場合も、UVフロアコーティングは部分補修が可能ですので安心です。
shinyuでは施工後チェックを徹底しております。どんな小さな傷もホコリも見逃しません!
shinyuでは、お客様の過失による傷についても保証しております。 詳しくは、shinyuの保証内容を御覧ください。 → UVフロアコーティング充実保証

トップコート剥離

専用研磨シートを使用し、
不具合箇所の一層目(プライマー)を剥離しないようにトップコートのみを丁寧に研磨します。

剥離によるゴミの除去

一度マスキングテープを外し、
研磨したトップコートを綺麗に拭き取ります。

再マスキング

対象箇所以外の場所にトップコートが付着しないように、
再度マスキングテープを貼ります。

トップコート塗布

均一にムラなく専用鏝(コテ)を使用し、
トップコートを塗布します。

UV照射によるトップコートの硬化

トップコート塗布後、30分前後自然乾燥させます。
その後、紫外線照射機にて紫外線照射します。
※扇風機やエアコン等を使うとゴミやホコリが舞うので使わないようにしています。

補修完了

写真の箇所範囲では、1時間程度で仕上がります。